最近のトラックバック

マイリスト

« お久しぶりです&ひろしま男子駅伝 | トップページ | キースヘリング&因縁 »

2006年1月24日 (火)

ヤンクミメガネ&母の容態

今夜お風呂に入ろうとしたら、見覚えのある顔が・・・。当然私なんだけど、でもなんか違う。

じゃーーん。新しいメガネをかけていた。ジャージを着ていた。

「あれーーー、年取って、中年太りしたヤンクミじゃん」
私を知ってる人、笑わないように!!!)

メガネが金縁でお局パワーの迫力出すために選んだら、そういう状況になっちゃったみたい。迫力出すぎか?父曰く「前の紺縁のメガネよりはいいけど・・・。なんかきつそうじゃのう」って・・・。そういう意味だったのね。

このメガネ、正解か?失敗か?

本日、母がカテーテル検査&治療をした。

前から狭窄していた血管はあまり変化も無く、50%~75%の狭窄で心不全を起こす程ではない。(あまりベストな状態ではないが)

心臓の筋肉の硬さを調べたが、多少硬いがこれも心不全を起こす原因ではない。

腎臓をカテーテルをしてみたら、右足の静脈に造影剤が通ったらすぐ動脈に造影剤が写り、本来なら足に行くはずの血流が100CCほどすぐに心臓に戻っているらしい。

これは母が右足だけで14回もカテーテルをしているので血管が近道を作ってしまったらしい。

でもこれも100CCというそんなに多くない量なのでやはり心不全の原因ではない。

という事で風邪とこれらの要因が複合的に重なっての心不全だったらしい。

で、カテーテルで狭窄していた血管はバルーンで膨らまして治療。

で、足の方も手術することになった。100CCだが、これが毎日24時間365日となるとやはり心臓に負担がかかるので外科的手術をすることになった。

本人はカテーテルが済んだらすぐ帰れると思っていたのでショックが大きかったらしい。手術自体は足を3センチくらい切って血管の手術で本来なら局部麻酔で済むけど、ちょっと痛いので腰椎麻酔をするらしい。

でも、本当に人間の身体ってすごい。

70歳過ぎの母でさえ、こうやって何回もカテーテルで命が助かっている。身体のどこが悪いかカテーテルでわかる。

少しでも早く進歩してたくさんの人が助かることを祈ってる。

« お久しぶりです&ひろしま男子駅伝 | トップページ | キースヘリング&因縁 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

会社行っても始めから”てめえら~!”の渇いれですね。
ビデオ取材おねがいしや~す。

いいお医者さんがいらっしゃるんだ。安心安心

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンクミメガネ&母の容態:

» ゴーヤ茶アンパラヤティーで健康! [レーサーのダイエットノウハウ]
「スキンケア・ボディケア・ダイエットの情報館」 T.S様(女性)から、 ゴーヤ茶 [続きを読む]

« お久しぶりです&ひろしま男子駅伝 | トップページ | キースヘリング&因縁 »