« ホワイトバンド | トップページ | ゴルフ »

2005年8月22日 (月)

堀江貴文氏の出馬

堀江貴文氏が広島6区からの出馬になって、広島ローカルのニュースも騒がしい。私が住んでいる所は6区ではないが、両親の里も、友達が住んでいる所も、広島6区で、結構広島6区については関係が深い。だからニュースに関しては最近、両親と頭を付き合わせて見ている。

だが、私にはどうしても堀江氏がお金が余って仕方が無いから、沢山お金を使えるいい遊びを見つけて遊んでいるようにしか見えない。

「郵便局の代わりにコンビニを使えばいい」両親の里にはコンビニなんて無い。何キロも歩いてよろずやが有る位だ。

「選挙の日と、社員旅行がぶつかるなあ」社員旅行と国政が同じ若しくは同じ以下の扱いなの?

「社長業と兼務する!」といって一応自民党に入るのを断ったらしい。なぜなら自民党は社長業を辞めることを条件としたから。

???はてなマークが私の中で渦巻く。まだ尾道市の市街地とかしか歩いていない堀江氏にとっては他の本当に過疎化している郡部なんて頭になんだろうな。って思った。

決して亀井氏がいいとは思わないけれど、彼は少なくとも政治に関してそこまでは軽んじていないだろう。少なくとも政治に携わる人間が、会社を経営しながら出来るものなのだろうか?

広島6区の両親の里は子供の頃、夏休みと冬休みには必ず行っていた。昔ながらの家の造りで、今でこそ萱は入手し難いのでスレート張りの屋根だが、萱葺きの屋根で縁側があって、夏には井戸にスイカが丸ごと冷やしてあり、おやつにはそのスイカを切って貰って縁側に座って種を飛ばしながら食べた。とうもろこしも畑から取ってきておばちゃんに茹でてもらった。もしくはすでに茹でていてくれて、しわしわになってちょっと固くなったとうもろこしをほうばった。父方は鯉の養殖をしていた事があって、普通の鯉は川に流して捨ててしまう。それを知らない私は川に色付きの魚が泳いでいることに感激して、網とバケツを持って川に鯉を取りに行って、池に放して怒られたっけ。夏休みの自由研究にそこらへんに生えてる草を取って、おじちゃんに畳を起こしてもらってその下に押し花にして、夏休みの自由研究で出したっけ・・・

toumorokosi これも今年母方のおばちゃんが送ってくれたとうもろこし。そこいらのスーパーで買うとうもろこしと違って味が甘いし濃い。でもおばちゃんの畑はカラスと猪が食べちゃって、無くなったのでと近所で買ってきてくれたらしい。

そういう状況の選挙区なんだよ。堀江さん。カラスや猪に畑の作物をやられて、80歳過ぎてもアルバイトに行ってるんだよ。(まあ、本人も働き者だから・・・好きで行ってる所もあるんだけど。)

堀江氏が選挙公約で何を言ってくるのか、興味を持って見て行きたい。ただ、郵政民営化だけを繰り返すのなら、落選して欲しい。「新しい風」「若い力」そんなのは堀江氏でなくても出来るだろう。広島6区の人たちがミーハーでなく真面目に自分達の事を考えて投票して欲しいと思う。

今日は○1.0kg。寝てばっかりだったんだけど・・・

今日、TVを見ていたら後藤久美子が多分?ホワイトバンドをしていた。ちょっと嬉しかった。

|

« ホワイトバンド | トップページ | ゴルフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは別のセキセイインコどうぇす。若いのにしっかりした意見を言える素敵な子ですね!感心してます。
でもホワイトバンドとかにとても協力的だといわれてますよ。けっして弁護するわけではないけれど彼は佐賀の出身で豊かに育ったわけではないので充分知っており、特に地域の便利の郵便局の必要性は知っており、いまさらそれと政治リスクをあえて取ってまで立候補する理由がある。それは若い世代の選挙に対する無関心さをなくすため、政治家だけでなく(大きなうねり)を作れる世の中を造るためで と理解したい。 なぜなら過去に政治パーティほか 亀井さんも平沼さんもお金に綺麗じゃなかったから
ごめんね!
(破綻状態の大阪市に融資資金の垂れ流し・郵政OBの雇用先としての無駄な施設、建築業者との癒着、道路公団への無駄な融資、今まで入ることのなかった税金が 計 000億のすべてが有効に使える)等意味もある。
ホワイトバンドありがとう、綺麗なココロのふーみんへ

投稿: セキセイ・インコ2 | 2005年8月22日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀江貴文氏の出馬:

« ホワイトバンド | トップページ | ゴルフ »