« 友達の妊娠 | トップページ | ホワイトバンド »

2005年8月18日 (木)

セキセイインコのみみちゃん

今日、8/3に書き込みしたセキセイインコのみみちゃんを病院に連れて行った。広島ではなかなか鳥を診てくれるところが少ないので、悩んでいたら、前、会社にいた人が、「あそこにいい病院があるよ。多分患畜にインコがいたからみてくれると思うよ」って言って下さった事を思い出して、一応電話で確認して連れて行った。

「腫瘍」だった。それもレントゲンを撮ってもらったら、かなり大きな腫瘍だった。あまり良くない状態らしい。手術と言う手もあるけど、今までのそこの手術経験から言うと術後の生存率は殆どないと言われた。だから、あんなに小さなみみちゃんに無理やりメスを入れるのは忍びなくて、そのまま連れて帰った。一応、漢方薬とビタミン剤を処方してもらって、これから毎日お水に混ぜて飲ませる事になった。

帰って来たら、から元気なのか、いつもより元気よさそうにしていた。私が悲しそうな顔をしたから気を使ってくれたのかな?

このみみちゃんは多分歴代でも1・2位を争うぐらい頭がいい。多分わかってるんだろうな。

みみちゃんの生命力に賭けることにした。先生にあとどのくらい生きられますか?って聞いたらすぐではないけど1年は難しそう・・・。でも一緒に頑張ろうね、みみちゃん。

母はこのみみちゃんが来た時に「前のみみちゃんはお母さんの身代わりになって死んでくれたんよ」って言ったから・・・かなって悩んでた。確かに前の子は母が危篤の時に、母の陣地である台所に行かなかったのに、なぜか台所に行って急死した。そのかわり母は劇的に良くなった。毎年母は夏に体調を崩すのに今年は元気に過ごせた。みみちゃん。身代わりになってくれたのかな?

本当は今日からジムに行くつもりだったんだけど、こんな気持ちでは行けなかった。

今日から「○1.6kg」と1の桁と小数点を表示します。○部分は秘密(^。^)

|

« 友達の妊娠 | トップページ | ホワイトバンド »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

私たちのメスで一番多い病気は腫瘍と卵づまり
卵詰まりはそれによる尿毒症が原因で逝ってしまう事が多い。解決法は親指と人指し指でくちばしをはさみこすってあげ頬を掻いてあげてください。それから尾羽を上げ肛門を開きスポイドでサラダ油を1.2滴差し込む。周りの油を拭いたら、その後親指と人指し指で卵が感ずるぐらいで前後左右に揉む。そして再度、尾羽をあげ肛門周りの透けて見える黒い糞をしごいて肛門にとり込む。あとは白熱灯かホカロンで巣箱を周りを暖める。それで何羽の仲間が助かった。
腫瘍ですが遺伝的要素が強くインコに特に多い。発病は脂肪の多い食事と運動不足・日照不足が原因ではないかと推定される。
①.水を毎日換える。そしてできれば杜仲茶と昆布水をきわめてうすくして与える。(今からでも遅くない免疫抗体力と脂肪燃焼効果)
②オオツ麦を併用して与える。カナリヤシード・あわダマ・ごま・ピーナッツ等が好きだが避けたい。
③室内で喫煙者がいればやめてもらう。
④納豆を口に入れ菌が口に残った状態で、炊いた発芽玄米を砕いて口からみみちゃんに餌ずけする。『納豆菌と乳酸菌は胃腸にいる悪玉メガバクテリュ-ムを抑える』ご飯は大好き

投稿: セキセイ・インコ | 2005年8月19日 (金) 23時48分

はじめまして。
うちのインコちゃんも最近調子が良くないのです・・・。
軽いのですが、吐き気が2ヶ月ぐらい続いています。
細菌性のものではないようで、いくつか病院を回りましたが、しっかりした原因がつかめていないです。
広島にインコちゃんのレントゲンを撮っていただけるような、病院があるなら教えていただきたいと思って、コメントさせていただきました。
突然勝手なお願いで申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

投稿: Kenzi | 2006年8月 5日 (土) 20時20分

ブログ来てくれてありがとうございます。
うちのみみちゃん、まだ奇跡的に生きています。もう、病院には行っていないのですが、まだまだ、本日も大好物の「みかん」の言葉に反応して、遊びにかごから飛んで出てきました。
さて、病院ですが、
広島市佐伯区八幡1-21-29
安芸ペットクリニックさんです。
電話082-927-2255です。
急患・夜間診療・夜間救急にも対応して下さいます。
お休みカレンダーも毎年郵送して下さいます。
(愛鳥みみちゃん)って書いてあります。
先生もとても丁寧に説明してくださり、レントゲンについても、実費がかかりますから、撮るか撮らないかも聞いてくださいます。
私が行ったときにはフェレットもいました。お話を聞くとやはりフェレットを見てくれる所がないので、フェレット仲間に聞いてここにたどり着いたそうです。
植物公園に行く途中にある「まっ黄色の建物」ですからわかりやすいですよ。
私も今まで行っていた病院よりも信頼が置ける所だと思っています。
ぜひ、インコちゃんを連れて行ってあげて下さい。
元気になりますように。

投稿: Re:Kenzi様へ | 2006年8月 6日 (日) 01時36分

お返事、ありがとうございます。
うちの子は「安芸ペットクリニック」さんに一番お世話になっています。
本当に良い感じの病院ですよね。人気があるだけに待ち時間も長いですが・・。
正直、「腫瘍」の心配もしていたのですが、レントゲンの話も出てこなかったので「小鳥の撮影ができない」のか、「問題ない」か不安でした。
お返事と他の病院の診察で、「腫瘍の問題はない」ようで安心しました。
ありがとうございます。
もう一軒「浜村動物病院」で診ていただいたときは、
「発情のときのもので、止める必要のない吐き気かもしれない」とのことなので消化もきちんと出来ているようで、緊急性がないことから
しばらく様子を見ることにしました。
また、症状が悪化するようなら、病院に連れて行こうと思っています。
広島には、小鳥専門の病院が無いようで、情報収集が大変です。
こちらのブログは大変参考になりました。
「みみちゃん」、いつまでも元気でいられるといいですね。

投稿: Kenzi | 2006年8月 6日 (日) 19時39分

そうそう、インコは腫瘍が出来ると鼻が褐色になるそうです。うちのみみちゃんはやはり鼻が褐色になっています。で、病院に行ったときにはすでにお腹が腫れていました。たぶん、触診でもわかったのだと思います。確か、レントゲン代は¥3000位かかったので、先生も撮られなかったのでは?
わたしはこのブログからおしゃべりインコさんhttp://asobo.way-nifty.com/kyouko/と知り合いました。インコさんは50匹くらいセキセイインコを飼っていらっしゃる方です。もしよかったら、師匠と仰いでブログを見に行ってあげて下さい。

投稿: RE:kenzi様 | 2006年8月 8日 (火) 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セキセイインコのみみちゃん:

« 友達の妊娠 | トップページ | ホワイトバンド »