2009年2月23日 (月)

ダイエット

ちっともダイエットの話題が出なくてごめんなさいm(__)m

やる気はあるのですが身体が付いていかない感じ・・・。

友達に言ったら「3月から一緒にしようよう」と言われ、友達と私、現在たい焼きにはまっているため、ほかの地域ではなんて言うのかなあ?大判焼き???広島では二重焼きって言うんだけど、ちょっと私の住んでいる所から1時間くらいのところの二重焼きを食べてから・・・と決定してしまいました

たい焼きは最近会社の近くに出来たスーパーにあって、常に行列。

それはたい夢というたい焼き屋さん。Oguratai 薄皮でパリパリで餡子の甘みもちょうどいい。人生の中で出会ったたい焼きさんの

中でも最高です。特に買ってすぐ食べるのがおすすめです。

最近、ご近所さんや母のいる墓苑の社長さんや色々配っても大変好評です。

こんなことしていたら痩せないわなあ・・・

入院中の点滴&1600㎈の食事で更に大きくなったのにね

でも美味しいです!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

入院生活PARTⅡ

入院生活を思い出すために入院中に送信した携帯のメールを見てみた。

本当にひどかったなあ・・・。あくびも出来なかったんだ

結局3週間の入院生活で一度も水平になって寝れなかったんです。

入院後更に悪化して本当に息が出来なくて、24時間点滴。酸素マスク。

人間って本当に簡単に肺炎になって死ねるのだと実感。こんなに治療しても治らないのかとも・・・。

呼吸がととのってきたのと入れ違いに今度は全身に発疹。熱も40度近くまで上がってしまった。多分薬の副作用。

ある朝、ナースがバタバタと入ってきて遠くで呼んでいる。「なんだろう?」と思うけど身体が動かない・・・。「なんで???」と思い、一生懸命起きてみた。

「あーー、よかった、心拍が急に弱くなったのよ」との事。

「母と同じ・・・」このことはまた後日ゆっくりと。心落ち着いてから・・・。

なんとかドクターとナースの皆さんお陰でここまで元気になりました

この総合病院に紹介してくれたかかりつけの医院にドクターのお手紙を持っていったら、「よく挿管せずに帰れたねーーー。本当に死掛けてたんだね」って

でもね、一度も母は迎えに来てくれなかった。寂しかった。母と同じ病気だったのに・・・。

私は死んでもいいと思っていた。もう父の面倒を見る生活にも疲れていたし、この不景気、母のために正社員にならずに頑張ってきたけれども、その母もいない。いつ首になっても不思議じゃない。この時期多分正社員にももうなれない。結婚もしていない。年をとったら本当に一人になってしまう・・・。

朝、呼吸が停まりかけて、心拍が弱まったときとても気持ちよかった。あれなら死んでもいいと思った・・・。

飯島愛さんの死因が肺炎だったけれども、色々意見があるみたいだけど私は肺炎だったと思う。私も入院する前に風邪薬を普通に飲んで治ると思っていたもの。でも発作が起きたとき本当に苦しかった。本当に死に掛けた。たった3日で死に掛けるほどの肺炎になるんだもの。私は幸い掛かりつけの医院の皆が気にかけてくれたからこうして生きていられんだけど・・・。

今は生かして貰えた命をもう少し大事にしないといけないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

肺炎・危篤・復帰

本当にお久しぶりになってしまいました

3日間ほどアップしたブログは入院中にすることが無くて・・・(-_-;)

携帯で作成してましたが、やっぱり難しかったのと、あれから状態が一気に重体になっってしまって・・・。

今日から心新たに頑張ります。ブログandダイエット!!!

今日はまず先日の入院生活から・・・。

11/29から救急車に運ばれて肺炎で入院になりました。もともと、11/27の午後から「うーーんしんどい」って言っていたらポヨンが「なんか具合悪そうですよ?帰られたら?」って一応気を遣ってくれたんだけど「ううん、頑張る」って11/27は一日仕事してました。

11/28の朝は熱があったのでポヨンに連絡して「朝、病院に行って点滴受けてから行くよ」って言っていたんだけど、病院にいくと会社は休んだほうがいいとの事。という事でポヨンに連絡して「今日は休むわー」って一日寝て治るつもりでした。

11/29朝・・・。点滴を受けに行かないといけないのに息が出来ない、当然動けない。で寝ていたら、昨日の病院から「点滴受けに来てないけど大丈夫ですか?」との電話が・・・。しかたなく、起きて支度して、なんとか車を運転して病院へ・・・。

ついたとたんにナースが尋常ではない私の状態に気づいてくれてすぐに処置室に・・・。すぐに先生が診てくれて酸素吸入。だけど血中酸素濃度が上がらない。先生が「ここではもう処置できないので救急車で大きな総合病院に入院だ!」って救急車を呼ばれて・・・。

近くの総合病院に着いたら、酸素マスクで緊急処置。そのまま入院・・・。

で、多分いびきをかくし咳もひどかったので声にならない声で個室希望。

普通個室に入れてもらって落ち着いたので本人はすぐに退院できるものと思ってました。

が・・・。動くと発作が・・・。自分の体が自分のものでないような感じ・・・。息が出来ない。横になって眠れない。横になると肺を圧迫して呼吸が出来ない。

遂に大きな発作が・・・。本当に死ぬかと思った!どうしてもトイレは自分で行きたかった私はそろりそろりとかわいいピンクの点滴台Nec_0034 と共にトイレに・・・。行ったのはいいんだけど、帰ってからベッドに移るときに今までに無い呼吸困難に・・・。ナースコールを押して助けを求めたら、すぐにナースが来てくれて処置を・・・でもナースでは手に負えない状態になってドクターが飛んできてくれる大騒ぎに。

どうも心不全を起こしていたらしい。

それから2回心不全を起こし、ナースの皆様にご迷惑をかけました。その後はあきらめました。トイレは・・・

で、いい子にしていたら病院からビッグプレゼント

超豪華個室にお引越し。いまだになぜだか謎なんだけど???

Nec_0035 Nec_0036_2 Nec_0037 Nec_0038

応接室つき、キッチン付き、お風呂付、なんと、外には写真のようなウッドデッキ付き

とは言ってもベッド上安静の私には無用の長物なんですが。お風呂も当然入れないし、ウッドデッキなんてもってのほか。まあテレビが普通個室はアナログなんですが豪華個室はさすがにデジタルで大きいし。

普通個室の3倍のお値段でこの病院の中の最高ランク個室です。(ただし病院の都合のため普通個室の価格で!!!)

お見舞いに来る人がみんなドン引きでした特に会社の上司は「・・・・」なんか顔に「お前は本当は何者?」って感じでした。

ただ、父は高齢で入院準備なんて出来ないし、兄は遠く尼崎・・・。不安な中、友達や近所の人が助けてくれました。Tちゃん・O・Nちゃん本当にありがとう。Tちゃんは連絡したらすぐに駆けつけてくれて心強かった。Oは昨年お父様が入院していた病院とあって、また入院に必要なものとかがわかっていていろいろ準備してくれた。本当に助かった。

でも、涙が出たのは兄。入院してすぐに駆けつけてはくれたけど何もしてくれないまますぐに帰ったし、父のこともそのままにして帰ったし・・・。

途中、不安なため感情が安定なときに電話してきたから「家族が一番何もしてくれん」って文句を言っていたら宅急便でパジャマとパンツが・・・。嫁さんが買ったんだろうと思っていたら、兄が自分でイオンに行ってパジャマとパンツを買ってくれたらしい。どうりでパンツのセンスがいい大人の男が婦人下着売り場に行くってどんなに恥ずかしかっただろうと思うと感謝の気持ちでいっぱいになりました。なんやかんや言ってもやっぱり優しい兄でした。

とまあ、色々あるのですが明日はまた第二弾を。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

負け犬と家族

負け犬ふーみん、喘息からかなりヤバい肺炎になって入院。

家には今まで母か私が面倒を見ていた父1人。全く家事が出来ないわけじゃないけど…

それでも一応、遠くに転勤しているけど兄もいる。兄嫁もいる。

兄嫁が私に用意してくれたものパンツ六枚。父の生活は無視。おかずの準備もせずに帰る。父は次の日から風邪。

負け犬、挿管の可能性、正しくは命の危険さえあったのに伯母や従兄に連絡して父を頼んだ。

パンツよりオムツがいるの!タオルがいるの!父をいつまでも一人に出来ないの!

情けなかった。

でも、負け犬には素敵な友達がいたよ。近くの他人だ

| | コメント (1)

不思議

味が濃く育ってきたふーみん様。 
この入院にて当然薄味、、野菜生活です。

父も母も入院するとが薄味で不味いって、どこの病院でも言ってた。

ましてや今の病院は先月父も入院してて父も苦情ばかりでした。

あら、今回の私、美味しいの。身体に合ってるのよー。素材は決していいもの使ってないけど、薄味が美味しくて…。

年かしら?

| | コメント (0)

怖いよ

怖いわー。
血管の出にくいふーみん様!ナースとの協力の上、確保したルート。

静注で1日中点滴。八時間毎に抗生剤。のはず。

抗生剤が終わったので、ナースコール。

あれ?見たことないナースだな?

「もう少し後で鳴らしてくれたら一緒に抜けたのに」「こっち早めに落とそう」「あれ?抜けたか?」
「あっ、二十四時間か」

真っ暗な中、私の治療の中身の確認もせずに点滴を止めようとしていた!!!

えーっもし点滴ルート抜かれていたら。時間をかけて落としていた点滴を高速度で落とされていたら…

怖くて眠剤を飲めなかった。いつものナースがいるのを確認して人ひとねむり
医療事故ってこんなことで起きるんだろうな。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

負け犬の入院

久しぶりの負け犬、ふーみんです。

昨年、13年間心臓病と戦ってくれた母を亡くしてしまい、心の枯渇感と戦いながら年老いて耳が遠く人を近づけない父を面倒を見てました。
まさに全速力で。

挙げ句は喘息発作にて肺炎で入院。

入院しても家にいるのは男親。負け犬は入院が大変!

| | コメント (2)

2007年6月11日 (月)

母退院・愛した人が病気に

土曜に母無事に退院。

ふーみん自動車にてお迎え。病棟ナースセンターに先日紹介した知り合いのお菓子屋さん&パン屋さんのクッキーとシフォンケーキを差し入れして

「御世話になりましたーーー。また秋によろしくーーー」って帰りました。秋にはカテーテル検査する予定なので(^。^)

やっぱり家に帰ると生き生きして見える。セキセイインコのみみちゃんも大喜び(^。^)

「ぴーぴー」って彼?なりの精一杯の愛情表現。

さて、私の年齢になると微妙な年齢・・・と感じています。

ふーみんはブログに全く男関係のことは書いてなかったけど、決して男嫌いではありません(*^_^*)

昔、付き合っていた人・・・。年賀状のやり取りだけはしていた。本当に好きだったけどお互いの家庭のことや色んな事で結婚は無理な状況・・・。だった。ふーみんも昔で言うギリギリの売れごろだったこともあり、親や周りも色々なお見合い話を持ってきていたので、すっぱり別れて別々の道を歩むことにした。

嫌いで別れたわけじゃなかった・・・。

だから年賀状だけは続いていた。

今年の年賀状・・・「体調が悪いです」と書いてあった。そんなことを言う人じゃなかった。書く人じゃなかった。

胸騒ぎがしていた・・・。でも真実を知るのが怖かった。きっとよくない病気のような気がしたから。

母とその人は時々シンクロしていてなんか、偶然に同じようなことを言ったり偶然重なっていたりしたので、勇気を出して携帯に電話してみた。7年位前に「これ、新しい携帯番号だから」と1回だけ電話があった。その携帯番号をずっとメモリーに残していた。どんな苦しいときも電話はかけなかった。7年も前の番号だから繋がらない可能性が大きいと思ったけど・・・。

出た・・・本人が。

「私」っていったら「どちらさまですか」って言われた。

「ふーみん」って答えたら「えっ」って・・・。

「元気?年賀状に病気って書いてあったけど・・・」って言ったら、

「胃がんだったんだ」って。

倒れそうになった。話を聞けば早期の癌で開腹せずに内視鏡で取れるくらいの癌だったらしい。

ただ、彼も胃がんの発見は貧血だったらしい。ある日キャッシュコーナーで順番待ちしていたら、力が抜けて座り込んで貧血で倒れたらしい。で、これはおかしいと病院に行ったら癌が発見されたって。

やっぱり彼と母はシンクロしてるなって感じた。

本当に愛していた人が死に直面していたなんてショックだったけど、でも現実はこうやって愛した人も死んでいくんだな、私も死んでいくんだなって思った。

でもお互い死んでも連絡が行かないで最後の顔も見れないんだろうな。

そんなこんなを考えていたらため息ばかりの1週間でした・・・。

| | コメント (12)

2007年6月 7日 (木)

母の退院

母の退院が決まりました・・・。(^^)v

って何の事かって?実は6/3の日曜日に母は緊急入院したんです。

しかも今回は胃潰瘍から来た重症の貧血。通常の血液の半分の赤血球・ヘモグロビンだったみたいです。

で、緊急輸血・・・。即入院になってしまいました血液が薄い分、心臓がいっぱい動かないといけなかったみたいで、それで心臓も悪く感じていたみたい。

金・土と父の里に帰っていて、刺身を食べたらあたった・・・。といって寝込んでいたのですが日曜日、遂に「しんどい・・・」と訴えられ、即病院に電話。緊急治療室に連絡してもらって、ふーみん救急車にて病院に搬送。

母と私は父に言わせると一卵性親子だそうで・・・。今回もそんな感じでした。実は6/3はお見合いをする予定だったんです。(まだ諦めていないのかって?私じゃなくて親と仲人さんが諦めないのよん)

当日朝、シャワーを浴びていてもなんかいまいち調子が悪く、多少だったら無理していくんだけど、どうしても気が乗らなくて結局その日はお断りさせて頂いたんです。その3時間後に母が上記の状態に・・・。

父は耳が遠く、母の状態も聞き取れずましてやドクターの説明も聞けないので私がいないとダメだったんです。よく双子の人は何かを感じるって言うけどまさにそんな感じだったのかも。

母は狭心症を患っているのと、人口弁を入れているので「ワーファリン」という血液が止まりにくくなる薬を飲んでいるので、胃潰瘍から徐々に出血して、重症の貧血になったらしいです。しかし、本人、自覚症状なし!!!ただし、身体はちょっとしんどかったらしいけど。胃の痛みとかはなかったのか気づかなかったのか。

病院に行った時点では胃潰瘍は治りかけていたんだって。自力で胃潰瘍を治した母。すごいぞ。

さて、私はと言うと徐々に弱っていた母を見ていたのでブログも止まっちゃって・・・。でもその間ちょっとづつダイエットしてました。やっぱり炭水化物を取ると太る体質みたいなので、炭水化物を控えめに・・・。

していて、母の入院と重なって、現在なんか食べるのもめんどくさくなっちゃった。父の食事の支度しているとそれだけでもういいや!って感じになるんですよね。

ということで、現在○6.9kg。多分2㎏位痩せたかな?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年5月30日 (水)

坂井泉水の死

坂井泉水さん、亡くなりましたね。残念です。

本当にご冥福をお祈りいたします。

彼女の歌も好きだったけれど、彼女が闘病していたこと、しかも子宮頸がんだった事。40歳であった事。ショックでした。

いずれも、私にとっては身近なことなんです。子宮がんは未婚であったり、出産経験がない事だったり・・・、肥満であったり、喫煙であったり・・・。と心当たりがあることばかりなんですね。

だから、会社では子宮がん・乳がん検診はないので、つい最近区役所に連絡して検診できるように用紙を送ってもらった所だったのです。

私が彼女の立場だったら・・・と思うと最初の子宮頸がんで、子宮全摘になった時点で、これからもう少しでも子供を持つことが出来ないのか・・・。とか子宮が無くなる事で女でなくなるような気がしたり(これは親戚のお姉さんが子宮筋腫で全摘出した時に泣きながら言っていた)・・・。そんなことだけで押しつぶされてしまいそうです。また、その後肺がんの再発・・・。

彼女は自殺ではないとは思う。自殺するにしては確実に死ねる高さではないから・・。でも、ちょっと手すりに寄りかかってこれで落ちたらどうなるだろう?って思ったんじゃないかな?

微妙な年齢の私たち、本当に雑種の負け犬の私はこれからの老後を考えると年金のこと(お金のこと)、1人で過ごさないといけないであろう残りの人生。すごく不安。

改めて自分の年齢、置かれた立場を見つめ直してみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«キティの根付&お局の愚痴&叔父の経過